• ホーム
  • 最も多い性感染症クラミジアの症状と治療方法について解説

最も多い性感染症クラミジアの症状と治療方法について解説

2020年01月10日

クラミジアは感染症の中でも最も多い患者がいる一般的なもので、18?19歳の女性の間で10人に3人がクラミジアに感染しているとの報告もあります。特に20代では20人に3人の女性が感染していますし、5人のうち4人は自覚症状がないということで、知らないうちにパートナーである男性にうつしている可能性も考えられます。

クラミジアを放置することで、卵管炎を起こすこともあり管が癒着するので不妊症の原因にもなります。パートナーが一人だけではなく複数いる人は、自覚症状が全くなくても年に1回は性病検査を行うことがすすめられています。自覚症状はおりものがいつもとは違ったり、排尿時に痛みがある・違和感がある時は検査をする必要があります。

症状はしばらくすれば落ち着き消滅していきますが、原虫が体内からいなくなったわけではなく炎症は続いています。この間に男性に移している可能性もありますし、カップルで検査を行い治療を進めることが感染症を長引かせないポイントになります。クラミジア感染症にはいくつかの種類がありますが、激増しているものはクラミジア・トラコマティスです。この多くは性行為によって粘膜感染を起こしていますが、性交渉の方法によっては喉に感染することもあります。

性器に感染していても口内に感染していなければ、キスでクラミジアがうつることがありません。クラミジアは性病でもありますが、喉や直腸・尿にもあるので、それらが触れるような行為はとても危険です。クラミジアに感染しているとHIVへの感染率も3?4倍に上がる統計も出ており、検査する時は様々な性病を調べることが推奨されています。

男性、女性ともに治療は抗生物質を内服する治療になります。ジスロマックが一般的に処方されますが、一度内服した薬の成分が10日間持続しながら効果を発揮します。一度飲むだけで10日間持続するので、飲み忘れることがないですし新しい薬の成分です。しかし有効率は90%前後になり100%ではないので、完治したかどうかを10日後に検査する必要があります。

ジスロマックは途中に飲酒をすれば、治癒率が下がるので控えます。また内服中に別の性交渉を行えば、再感染する可能性があるので、再検査をします。パートナーが一人でも、安心することができないクラミジアですが、性行為をしたことがある人なら1回の経験でも感染する可能性があります。性器感染することが多いので、コンドームの使用が推奨されます。

関連記事
トリコモナス膣炎のオリモノの特徴

オリモノは膣や子宮からの分泌物が膣外に流れ出てくるものの総称で、生理前になると状態が変わるなど女性の体の指標にもなっています。ストレスを感じた時や病気の時・抗生物質を服用している時は分泌量が増える事もあります。しかし全ては正常なオリモノで生理現象でもあるので心配はありませんが、性病に感染した時はその

2020年05月16日
病院要らず!検査キットならトリコモナス膣炎が自宅で簡単に検査できる

トリコモナス膣炎は自宅で検体を採取して、それを専門機関へ郵送するだけで検査が完了できます。忙しくて病院へ行く時間がない時や、病院が嫌いな人・病院が遠くて行けない人でも手軽に利用できるのが、性病検査キットです。検体の採取方法は素人でも可能で難しくないですし、心配がある時は電話サポートで対応してもらうこ

2020年04月10日
病院に行く時間が無い!楽天やamazonでトリコモナス症の治療薬は買える?

トリコモナス症の治療薬は、楽天やamazonなどの通販サイトでは購入することができません。基本的にトリコモナス症を治療したいときは、病院へ行き受診してから医師に薬を処方してもらう必要があるからです。どうしても病院に行くことができず、通販で購入したいときは楽天やアマゾンではなく、個人輸入をしているサイ

2020年03月05日
痛くて痒い!再発を繰り返すカンジダは放置しても完治はするの?

再発を繰り返しやすいカンジダは、カンジダ・アルビカンスという菌が多く、その次にカンジダ・グラビナータという菌が見られます。健康な状態であると問題を起こさない菌ですが、免疫力が低下したり体力を消耗している状態になれば、病気を引き起こす可能性がある菌が増殖し症状を出していく感染症の一つです。カンジダ菌自

2020年02月05日
同時にヘルペスとトリコモナスに感染していても妊娠は望めるの?

ヘルペスとトリコモナスは性病ですが、さらに女性にとって妊娠に関するリスクも高い性病なので検査が必要です。妊娠を希望している場合は、ヘルペスは再発しないように心がけ、トリコモナスは完治させておくことが大切になります。トリコモナス症が引き起こす膣炎が影響して、妊娠をしている場合流産や早産・予定日よりも早

2019年12月16日
安い費用でトリコモナスが治療できるチンビスタ

トリコモナスと治療薬としてハイシジンがよく知られていますが、ジェネリック医薬品として安く入手することができるのはチンビスタがあります。チンビスタはチニダゾールを主成分にしている薬剤で、トリコモナス原虫を除く作用があり一般的にトリコモナス膣炎の治療薬として用いられることが多いです。トリコモナス膣炎は女

2019年12月13日
ファシジンとは抗生物質のハイシジンのジェネリック

トリコモナスの治療では、ハイシジンのジェネリック医薬品であるファシジンを服用することができます。特にトリコモナスの治療を行うときは処方箋による薬物療法が用いられていますが、基本的に蛍光剤を服用していきます。治療薬はハイシジンなどの抗生物質が使用されていますが、チニダゾールを有効成分とするファシジンも

2019年12月10日
膣トリコモナス症の錠剤治療薬と言えばフラジール

フラジールはメトロニダゾールを有効成分で配合している、膣トリコモナス感染症の内服錠です。トリコモナス原虫を駆除する薬で、これが原因になっている疾患に用いることができます。トリコモナス症は特に女性の膣、尿道に寄生虫の一種でもあるトリコモナス原虫が感染して発症する病気です。効能はトリコモナス原虫に対して

2019年12月08日