悩んでいる男性
白い錠剤と花

トリコモナスは比較的ポピュラーな性病で、性交渉以外でも下着やタオル・便座や浴槽でも感染することがわかっています。医療機関の検診台などでも感染することがあるので、性行為がない幼児でもしばしば感染者がいるとされる疾患です。症状は半数以上の人が出ないということで、気がつかないままパートナーに移してしまう事も少なくありません。原虫が原因になっていますが、女性の場合は膣炎を発症しやすく性交痛もあることが特徴です。

トリコモナス腟炎の症状と感染経由

トリコモナス膣炎の一般的な感染経路は性行為によって感染することが多く、発症すれば緑色や黄色の生臭いにおいのおりものが大量に出てきます。それとともにかゆみが出てきますし、この症状から膣感染症が疑われるときは、おりものや子宮頸部の分泌物を検体として検査をおこないます。

性病検査では症状を引き起こしている微生物の有無を確認しますが、この膣炎の場合はトリコモナスという原虫が原因になっています。コンドームをすることで予防することができますが、多くの場合は抗原虫剤を用いて治療します。メトロニダゾールやチニダゾールを1回服用することで治癒するので、気がついた時に医療機関で受診することが推奨されます。

原虫が膣に侵入すると、間も無くして異常に気付くことになります。それとは別に症状を引き起こすことなく数週間・数カ月にわたり、膣内や子宮の下の方で膣につながっている子宮頸部に止まる事もあります。稀に膀胱へ感染する事もあり、男性の場合は原虫がなんの症状も引き起こさないことが一般的です。

無症状のまま無自覚で、長期間尿路にとどまる事もあり、男性は検査で発見できない事もあるため、余計に判別が難しくなります。このため男女共気がつかないうちに、パートナーへ移してしまう可能性があります。トリコモナスによって起こる感染は、性行為によってうつるだけではありませんが、男性や女性との性的接触によって生じていることが一般的です。そして、男性の経路は女性との性的接触のみでうつり、男性との性行為では起こりません。

トリコモナス膣炎の患者の多くは、それ以外の性感染症になっている事も多いです。症状が出ないまま長期間女性の体内にとどまる事もあるので、うつった時期や誰からもらったかを特定することが難しい事もあります。膣炎は緑色や黄色の泡状のおりものが大量に出る事もありますが、基本的に生臭いにおいを発することが多いです。

性器周辺にかゆみが出てきますし、膣が赤くなったり痛みも伴います。これにより性交痛を感じる事もありますし、膀胱にうつる事で排尿時に痛みも出てきます。これを放置しておくと、内臓の癒着が起こり不妊症になる可能性もあります。

トリコモナス腟炎は女性が感染しやすい理由

トリコモナス膣炎は大きな後遺症が少ない事もあり、比較的軽い部類の性感染症に分類されがちです。しかし1回の性行為でうつる確率が高く、国内の女性の5?10%がかかったことがあるとされています。男性よりも女性の方がこの性感染症になりやすいのですが、健康な女性では膣の中にデーデルライン乳酸菌と言われる乳酸菌が優位を保ちながら存在してます。そのため膣内は常に酸性で保たれていますが、外部から雑菌が侵入することや膣内で繁殖することを防いでくれます。

妊娠するときは膣内はアルカリ性でもある精子が、もともと酸性である膣内を中和しながら奥に進んでいくシステムで進行します。生理の時は、排卵が近づくに従って精子を子宮にうまく送れるように自然と変化します。この場合は膣内がアルカリ性と変化し、トリコモナス原虫などの雑菌が侵入しやすくなってしまうのが女性がうつりやすくなる理由です。またうつってから症状が現れる期間を潜伏期間と呼んでいますが、男女ともに早い時で3日、遅くても1ヶ月経過してから発症し、平均で10日前後と言われています。

男性の場合は原虫が潜伏していても自覚がほぼないため、潜伏期間もはっきり特定できないのが現状です。男性の場合は性病検査によって特定する事も困難なので、パートナーである女性が診断された時に同時に治療を開始することが望ましいとされます。特にこの場合も現れないケースがあり20?50%も存在するとされていて、その中の35%は6ヶ月以内に症状が出るということで潜伏期間には大きな幅があります。パートナーが検査をする時は、お互いに検査を行い治療を始めることが効率が良いです。その理由として、原虫がいてもほぼ気がつかない疾患なので、どちらかが完治していても移してしまう可能性があります。

完治しても潜伏期間も定かではないので、また再発してしまうという状態が無限に続く事もあるので注意が必要です。男女とも精巣や子宮頸管などに炎症が起こり、最終的に不妊症の原因を作り上げることになります。また男性性器は突出しているので繁殖しにくいですが、構造的に内部にあり湿度も高くなりやすいので原虫が繁殖しやすくもなっています。